ALL RIGHTS RESERVED, COPYRIGHT (C)KOEI Co.,Ltd. 2001
<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
恋する天使アンジェリーク ~かがやきの明日~ 8話「恋と使命と」
どうやら、絵は本当に落ち着いてきたのでしょうね。
フランシス様も麗しゅうございましたし。
ところが、シナリオなんかの物足りなさなどは、あとで直すこともできないですから致命的ですね。
DVDを買おうかどうかという点では、この絵でしたら「買い」です。
その点では本当に良かったです。
お願いですからフランシス様登場の、あのホラーな絵だけは直して下さいませ!!!
それと、オーバーアクションなフランシス様も (^_^;)
1話は力が入っていたと思うのですが、2話もひどかったような気がしますし。


さて、本題の8話の感想。
まず一言。
セイランの毒気の抜けた言い回しがちょっと残念。
もっとアクの強い、キツい言い方をする人だったと思ってたんですが・・・。

チャーリーからのプレゼントは、一体いつエンジュの元へ?
後日のことなら、どうやって次元回廊を通ったんでしょうねぇ・・・ (^_^;)
異なる宇宙間を結ぶ郵便配達でもあるのでしょうか?

チャーリーと2ショットな写真を笑顔で拾ってエンジュに手渡すフランシス、コワイです~ (^_^;)

湖での告白シーンのあと、いきなりセイランの声が聞こえてきて驚きましたよ。
エンジュの話を聞いたセイランの反応が見られなかったのが残念です。

今回と言うか、今まで、アンジェリークシリーズでは、何回も見直してやっと「こういうことか」と解ったことってなかったので、今回ばかりはちょっとシナリオというか話の展開が難しかったですかねぇ。
一度見ただけだとセイランの描かれ方があっさり過ぎてて解りにくかったんですが、何回も見直していくうちに、このシリーズでのセイランの描かれ方がやっと解ったような。
そんなに何度も見直してるのか?って?
えぇ、そりゃもう何回も見てますとも。テープが擦り切れそうな程に (^_^;)
もうちょっと、セイランが聖地に行く気になった理由を解りやすく描いてくれるとよかったんですけれどねぇ。
あと一言、ワンシーン程度の表現でも、かなり違ってくると思うんですけれど・・・。

混乱を極めるエンジュを優しく包む込むようなセイランは良かったです。
これ、相手がジュリアスだったりしたら、なんて怒られたかわかりません。

あ、エンジュはもうアリオスのことなんて、どうでもいいんですよねぇ?(笑)
ゼフェルのことだって、すっかり忘れ去ってる感じだし。
「ある人の顔が頭の中から離れない」ってのは、チャーリーのことですよねぇ?
そりゃなー、ハーブティーとイヤリングのどっちがプレゼントとしてインパクトがあるか、考えるまでもなく。
社交辞令でしかお付き合いしてきたことのない人と、サービス精神旺盛で、人の心をつかむコツを熟知してそうな人では、軍配は火を見るより明らかでしょう(笑)。
浮ついているのを「フランシス様のせいだわ」とか、人の所為にしないでね。
あ、好きでもない人から告白されて困ってるという意味?
可愛そうなフランシス様。
それとも、EDに向けての道標?
最後は誰とLLEDを迎えるかはあなたのご想像にお任せで、なーんて、「遙時」のようになるんでしょうか???


ってことで、今回の毒気の抜けたセイラン、良かったんじゃないですかね。
って言うか、逆に今までが毒気強すぎ?
でなかったら、岩永さんが演じ方を変えたとか。
チャーリーに続いて、「こんなお方ならステキかも」と思った第2弾ですかね(笑)。
でも、私の中の「あのお方」にはなり得ませんでしたけれど。

あと、絵を描き直してほしい部分があるとしたら、夢の中のチャーリーが若返りすぎてる部分と、謁見の間での守護聖の皆様の喜ぶ顔。
明らかに喜びすぎててマンガちっくです。


ところで、全12話だったんですね。
あと4話。
1話でもあるのとないのとでは時間的余裕が違うと思うのですが、仕方のないことだったのでしょうか。
残念です。
[PR]
by s_legend | 2007-02-27 13:39 | 感想とか
夜のパルク・ディマンシュにて
d0048399_2332666.jpg


こうやって、一晩中でも遊んでいたいなぁ~。
アンタが帰りたくなるまで付き合ったるさかいにな。
え?「帰りたくない」って???
ホンマに困ったお人やなぁ~。
ほな、眠くなるまで付き合ったるわ。
そのかわり、途中で寝てしもたら、その寝顔は俺が独り占めや。



撮影地:大阪市 スカイビル クリスマスイベント
[PR]
by s_legend | 2007-02-21 00:01 | チャーリー
チャーリー急上昇記念(笑)
もう他のキャラの誰にもときめくことなどないと思っていたのに、意表をついて急上昇を果たしたチャーリー様。
記念に、久しぶりにイメージ写真の投稿です。
昼間の遊園地のイメージ写真も、誰とは決まっていませんが候補にはあるにはあるんですけどねぇ・・・。
折角なんで、夜デートのイメージで。
昼間と違って、ちょっと過激ちっく(笑)。
[PR]
by s_legend | 2007-02-20 23:59 | 感想とか
アンジェリーク かがやきの明日 7話「運命はめぐる」
久々に書く気が出てきたので。

ようやく聖獣編に突入したものの、あんまりの絵のまずさにガックリ。
フランシス登場の話なんて、「よくもまぁこんなにしてくれたわね!」なひどさ。
あんなに下まつげは要りませんからっ!!
鼻もなんだかおかしいよ。
独特のタッチをお持ちの方が描かれたのはわかりますが、毎回別人なアニメもどうでしょう。

と思ってハラハラしながら見てましたが、ここへ来てようやく絵も落ち着いてきたのでしょうか。

大体、13話で納めなければならないことに無理がありますよねぇ。
まぁ、それは仕方のないこととして。

今回の突っ込みどころ満載な話の展開で、ようやく明るい展望が開けてきたようです。

<フランシス>
「私の心をかき乱す・・・。」
あー、そうなのですね。そういうポジションでしたか(笑)。
ジェラシーでバラの花を握りつぶしちゃうところがコワイんですが、こんなキャラだったっけ???
一応、一番のマイダーリンなんですけどねぇ・・・ (^_^;)

<ユーイ>
一番若くして、物分りのいいお坊ちゃんぶりをガンガン発揮してくれてて、ちょっとホッとしてます。
この御仁が、一応ナンバー2です。

<レオナード>
前回の話ですが、ウサギを見て気を失ったフランシスを抱き起こしに駆けつけた後から、エンジュたちが次元回廊から出て来た時に、二人仲良くお出迎えするまでの間、この人に何があったのでしょうねぇ。

<アリオス>
何だかよくわからない人になっちゃってます。
錯乱状態のエンジュの「アリオス、好き!」に対して表情一つ変えないで。
なんか、違う人のようだ。

<チャーリー>
エンジュを見て「アンタ、何者や?(うろ覚え)」と見抜いたアンタの方がタダモノじゃないよ!と突っ込みを入れそうになりました(笑)。
真殿さんご自身がラジオで仰ってたように、オトナな雰囲気がプンプン出てました(笑)。
エンジュとの絡みは突っ込みどころ満載で、転んだエンジュを抱きとめたあと、社員が来てエンジュを突き放すあたり、大爆笑でした。ヒドいやっちゃなー(笑)。
モノわかり良すぎの快諾即答のエルンストとヴィクトールとは立場も違うんでしょうけど、これが断れないお迎えであることもわかってるはずですからねぇ。普通、全てを捨てて守護聖になることなど、そう簡単には決意できないはず。
一ヶ月という猶予を自分の中で決めてケリをつけようとしているところに、彼なりの決意が出てますね。
「一ヵ月後に」と言った時点で、もう彼の心は決まっているはずです。
とか何とか書いてますが、色々と苦悩の表情を見せるチャーリーに、実はハート持ってかれました(笑)。
今回の絵が割とまともだったせいもあるんでしょうけど、今までは癖が強すぎる大阪弁もどきに拒絶反応出まくりで近寄り難かったチャーリーなんですが、今回は落ち着いた雰囲気で、こっちがもしかして本当の彼?と。
ランク外から一気にアリオスを蹴落として、とりあえずはナンバー3にランクイン(笑)。


今までの1話完結型から、次回に話しが続いちゃって気になって眠れない展開へと代わり、予告で思いっきり駄々をこねてるセイランと、一国の王であるティムカはチャーリー以上に決意を下すのに困難を極めそうですし、メルは、彼こそ自信が持てないで逃げ出しそうな雰囲気だし。
サクリアの精霊のいうキーパーソンと、事故(ひいてませんが)に巻き込んでしまった小さな女の子。
はてさて、この先の展開が楽しみです。
あ、最後の「この子をオレに預けてくれへんか?(うろ覚え)」「ウォン財閥の総力を挙げてこの子の親を探し出してみせる(うろ覚え)」と言ってくれたチャーリーが頼もしいです!(このあたりにも惚れました(笑))
[PR]
by s_legend | 2007-02-20 00:17 | 感想とか